logo3.png
Loading...

平成26年度日本神経回路学会優秀研究賞を受賞

研究室OBの濱村徹君が修士論文の成果をまとめて2012年3月に電子情報 通信学会ニューロコンピューティング研究会で発表した「冗長性を活用した低次元フィードバック制御モデル」が平成26年度日本神経回路学会優秀研究賞を受 賞しました。この研究は,全身の様々な部位から得られる感覚情報の中から脳が重要な情報を抽出し,それをもとに全身の筋肉を臨機応変に駆動して運動タスク を実現する仕組みを説明したものです。

日本神経回路学会 受賞者リスト