logo3.png
Loading...

平成28年度

修士論文

  • 好奇心と興味に基づく自発的行動選択・学習モデル
  • 情報の予測・圧縮に基づき美しさを判断する情報処理モデル

卒業論文

  • ケラトサイトの形状駆動型遊走の細胞膜シミュレーションによる解明
  • 情報発信による個体分布の変化に着目した利他行動の存在条件
  • タコの這行動作における腕選択メカニズムの解明

平成27年度

学位論文

  • 脚関節間シナジーの視点で探るヒトとニホンザルの二足歩行制御戦略

修士論文

  • 外乱に対する姿勢安定性を決定する制御要素
  • 呼吸の同期が2者間協調運動のパフォーマンスに及ぼす影響
  • 制御様式の違いが多足歩行のロバスト性に与える影響

卒業論文

  • 学習で獲得した内部表現を用いる制御モデルの考察
  • 構成音の複雑性に着目した楽曲の特徴抽出
  • 手先運動による感情表現動作の特徴解析
  • 運動指令の組織化を行う学習制御モデル

平成26年度

修士論文

  • 構成音の時間発展パターンに着目した楽曲の構造解析

卒業論文

  • 性能変数抽出機構を備える低次元フィードバック制御モデル
  • 身体表現を用いた情報伝達におけるラバン特徴の数理モデル化
  • エイミング時における筋活動に着目したアーチェリーの運動解析
  • 骨盤の姿勢変化がトランペット吹奏に及ぼす影響
  • 利益分配のための情報発信に着目した利他行動の存在理由

平成25年度

修士論文

  • 二足歩行の脚関節間シナジーにおける身体性の寄与
  • 投球におけるシナジーに着目した投球動作の解析

卒業論文

  • 多足歩行を生成する反射型分散制御モデル
  • 腰を入れる運動が立位安定性に及ぼす影響
  • 好奇心による動機付けを考慮した行動選択モデル
  • 短期記憶による原因究明能力を備えた行動学習

平成24年度

修士論文

  • 冗長性を利用した低次元フィードバック制御モデルの提案
  • "騙し"における情報処理プロセスの数理モデル化

卒業論文

  • 筋電位を用いた身体運動の可聴化
  • 楽曲の構成音に着目した属性別特徴量の抽出

平成23年度

修士論文

  • 感覚情報の次元削減による抽出情報を活用した制御モデルの提案
  • 集団相互作用場面における行動選択の数理モデル
  • 歩行中の関節間協調の発現メカニズムの検討

卒業論文

  • 投球におけるボールコントロールのための協調動作の解析
  • 身体特性が生み出す歩行時の脚関節間協調

平成22年度

修士論文

  • ヒトの上肢到達運動軌道の消費エネルギーに基づく最適性

卒業論文

  • 2関節筋が運動の学習効率に及ぼす影響の考察
  • 強化学習エージェントを用いた嘘の数理的研究
  • 子どもの歩行における関節間協調の解析

平成21年度

修士論文

  • 二足歩行における脚軌道制御の考察
  • 自由度の凍結解放を用いた冗長マニピュレータにおける運動習熟の効率化

卒業論文

  • 最適な蹴球運動の理論的考察
  • 自由度の拘束と解放による運動学習の効率化
  • 歩行における支持脚動作の最適性の検討
  • 走行における脚関節間協調の解析
  • バッタの跳躍における後肢の関節間協調

平成20年度

修士論文

  • 伸張反射系を用いた脊髄における運動制御機構についての考察
  • 歩行運動における階層的学習制御機構の考察
  • 腱の弾性要素を考慮した遊脚運動の消費エネルギーに基づく最適性の検討

卒業論文

  • 自由度の解放を利用した運動習熟モデル
  • リズム発生器と反射による歩行制御機構の安定性の評価
  • 武道におけるすり足歩行の特徴
  • ヒヨコの採餌選択における学習機構の検討
  • 腱の弾性要素による歩行機能の向上に関する考察

平成19年度

修士論文

  • 自然淘汰における利他的行動の出現

卒業論文

  • ヒヨコにおける採餌選択の数理モデル
  • 冗長性を利用した学習制御メカニズムの考察
  • 消費エネルギー最小規範に基づくニホンザルの游脚軌道の考察
  • ネコの後肢歩行シミュレーションによる歩行制御機構の検討

平成18年度

卒業論文

  • 筋肉疲労状態におけるヒトのリーチング運動
  • 小脳プルキンエ細胞におけるLTDの数理モデルによる考察
  • 筋特性を考慮した消費エネルギー最小規範に基づくヒトの遊脚運動の考察
  • ヒトの遊脚運動を決定する最適化規範の検討
  • 周期的な運動パターンを発生させる神経機構の数理的考察

平成17年度

修士論文

  • 補間運動を含むリーチング軌道決定規範の消費エネルギーに基づく検討

卒業論文

  • 歩行中での脚指運動の計測機器の開発
  • 周期的なパターンを実現する運動指令の階層的な学習モデル

平成16年度

修士論文

  • 3次元オブジェクトの直感的操作を可能とする操作機器の開発
  • 歩行時の遊脚運動におけるエネルギー効率に基づいた最適性の検討
  • リズミカルな運動パターンを獲得するための階層的な運動学習モデル

卒業論文

  • 言語発生にともなう協調・非協調関係の発現
  • 形状記憶合金による多足歩行ロボットの設計と制御
  • 周期的な運動パターンを実現するための階層的な運動学習モデル

平成15年度

修士論文

  • 消費エネルギー最小モデルは腕の軌道決定基準となりうるか

卒業論文

  • 形状記憶合金による多足歩行ロボットの設計
  • エネルギー効率に基づく最適な遊脚運動の考察
  • ヒトの腕の水平到達運動における経路決定基準の検討

平成14年度

修士論文

  • ヒトのリーチング運動の軌道決定基準
  • 反射系とパターン発生機構による運動学習制御モデル
  • 魚群形成の逃避行動における有効性の数理的研究
  • 多足歩行動物の歩行パターンの遷移と消費エネルギーに基づく最適性

卒業論文

  • 輝度変化に強い光学式モーションキャプチャシステムの構築および性能評価
  • ヒトの到達運動における軌道決定基準の検討
  • 引き込み現象を利用したリアルタイム演奏システムの構築
  • 細長生物と柱状生物の泳ぎ方のエネルギー効率に基づく最適性の検討

平成13年度

修士論文

  • ヒトの到達運動におけるエネルギー効率の最適性

卒業論文

  • エネルギー効率に基づく最適な歩行パターンの数理的考察
  • 位置推定機能を持つ光学式モーションキャプチャシステムの構築
  • ポジションセンサを用いた運動計測システムの構築
  • 指揮運動に同期するリアルタイム演奏システムの構築
  • エネルギー効率に基づく最適な遊脚運動の考察

平成12年度

修士論文

  • 魚の反動力推進法のエネルギー効率に基づく最適性の検討
  • 4本脚動物における最適歩行パターンのエネルギー効率に基づく考察

卒業論文

  • 光学式モーションキャプチャシステムの構築I
  • 光学式モーションキャプチャシステムの構築 II
  • 多足歩行動物の歩行パターンの最適性に関する数理的研究

平成11年度

卒業論文

  • 手のリーチング運動のエネルギー効率に基づく最適性の考察
  • サーカディアンリズムの数理的解析
  • 四足歩行におけるエネルギー効率の数理的研究
  • 多足歩行動物の歩行パターンの研究