#

昨年度の卒論プレ配属のみなさんに,「Arduino(小型マイコン)と筋電計を使って何か面白いものを作る」という課題で,作品を作っていただきました。 ちょっと,遅くなりましたがプロモーションビデオも作ってもらったので,お暇な方はこちらからどうぞ。 近日中に,作品をもうひとつアップロード予定です。

Continue Reading...

JSAI

人工知能学会の大会が2012年に山口で開催されたときに運営のお手伝いをしたのがきっかけで,人工知能学会に時々行くようになった。山口大会の開催日は6/12-15だったので,今思えば,ディープラーニングの起爆剤の一つになったGoogleによる猫画像自動認識のニュース(2012/6/26)が世に出るほんの10日くらい前。この時の大会ではディープラーニングに関する話題は多分無かったのではないかと思う。

当時でも活気のある学会だったが,その6年後の今回の大会では参加者数は約2.5倍の2500名強(過去最多),デ..

Continue Reading...

以前にも紹介した Boston Dynamics のAtlasの最新Youtube動画。

膝関節はヒトのようには伸展してないので,ちょっと小走りな感じだが,しっかり地面を蹴って走っている。すごい。

Continue Reading...

12 Apr

Slack

comp slack

研究室メンバとの連絡はSlackを使っている。 不要になった古いメッセージなどを一括で消すツールはないかなと探したら,slack-cleanerというのがあった。 コマンドラインでいろいろ条件設定して消去でき,テストランもできるので便利。 使うにはPython環境が必要だが,インストールはpipで簡単にできる。

Continue Reading...

R上で動くインタラクティブ教材swirlの紹介。 以下のように簡単に動きます。

> install.packages("swirl")
> library(swirl)
> swirl()

その後表示されるメニューで以下の2つを選択可能。

1: R Programming: The basics of programming in R
2: Regression Models: The basics of regression modeling in R

1を選択したら,以下をトピックとして選択可能。

1: Basic Building Blocks      2: W...

Continue Reading...

pythonのコードを少し試す時にはjupyter notebookが便利なんだけど,お手軽にクラウド上で使えるものが無いかと探したら,google のColaboratoryが無料で使えて,共同編集もできるので便利。 GPU計算にも(多分)2日前位に対応したらしく,tensorflowとかKerasとかも使えるので,ディープラーニングでも遊べる。

CPUの情報

!cat /proc/cpuinfo
processor   : 0
vendor_id   : GenuineIntel
cpu family  : 6
model       : 63
model name...

Continue Reading...

卒論プレ配属のみなさんが,Arduinoと筋電センサを使った作品を作成中。 入力データを可視化するのにProcessingをWindows 10で使おうとした 学生さんから,描画ウィンドウが開かないとの報告。 学内LANのproxy設定をする必要があるらしい。

Continue Reading...

数式を使ったプレゼンを作る時は大抵Keynote+LatexItを使っているが,もう少し簡単に作れないかなと 考え中。 普段のメモではMarkdown形式にしているので,それをそのままスライドにする方法を調べたら, 有名どころではreveal.jsremarkがあって,どちらもLaTeX記法をMathJax表示できる。 しばらくremark.jsを使ってみることにした。

Continue Reading...

先日のblogに載せたSanta Fe Insitute力学系のオンラインコースの講義では「数理モデル」の役割の説明にも時間を割いていたが,そこで以下の論文を紹介していた。

「モデル」の意味をヒトに伝えるのが難しく感じることがあるので要約を紹介。

Continue Reading...

人工生命や複雑系の研究で有名なSanta Fe Insitute力学系のオンラインコースを公開中。 高校生までの知識でOK(とビデオ講義で言っている)の「力学系とカオス入門」の他,真面目に関連の数学のお勉強をする(らしい)「非線形ダイナミクス」のコースもある。

Continue Reading...