rm しようとしたらパーミションがないと怒られるファイルやディレクトリがあった。

$ ls -l
drwx------+ 2 jun  _lpoperator      68  4 22 18:14 Desktop/
-rw-r--r--@ 1 jun  _lpoperator  331778  2 16  2010 slide.key

末尾の +やら@やらは何だろうとman lsで調べたらこう書いてあった。

If the file or directory has extended attributes, the permissions field printed by the -l option is followed by a '@' character. Otherwise, if the file or directory has extended security information (such as an access control list), the permissions field printed by the -l option is followed by a '+' character.

要は, @はMac OS Xでの拡張属性が, +は拡張セキュリティ情報(ACL等)が設定されていることを示すらしい。 拡張属性の情報はls -l@とかxattr -lで表示でき,man attrによると特定の属性の削除は

xattr -d <attr_name> <filename>

全ての属性の削除は

xattr -c <filename>

でできる。

拡張セキュリティ情報はsetfaclで変更かと思いきや,Mac OS Xではchmodを使うらしい。ACLsの消去は

chmod -N <filename>

でできる。

Next Post Previous Post