MacBook に rsync でファイル転送をしていたら,Write failed: Broken pipeを吐いて頻繁に止まってしまう。 大きめのファイルの転送に時間がかかるのがきっかけのようで,調べてみると接続先の生存チェックを時々するとよいらしい。

接続元で対応する設定方法は以下のとおり

$ cat ~/.ssh/config
ServerAliveInterval 30  # 応答がない時に生存確認まで何秒まつか
ServerAliveCountMax 10  # 生存チェックを最大何回行うか

接続先で対応するときは/etc/ssh/sshd_configClientAliveIntervalClientAliveCountMaxを同様にいじる。

Next Post Previous Post

Blog Comments powered by Disqus.