机の上にある Mac mini (Mid 2007) がオブジェ化していたので,再利用のために Vine Linux 6.3をインストールした。 手順の概要はこことほぼ同じだけど,少し違うところがあったのでメモ。 ただし,CPUパワーとメモリにゆとりがある現役バリバリマシンに Linux を入れるならVirtualBoxVMware Fusion で仮想化した方がてっとり早く安全です。

準備

Linux は32bit版と64bit版のどちらを使えるかチェック

古いMacの場合,64bit OSは動かない。CPUが Core Duo 以前なら 32bit 版のLinuxをインストール。西井のMac mini (Mid 2007)はCore 2 Duoだけどアウト。 確認方法は以下の通り。

  • ここここを見て Mac OS Xの64bitカーネルが動いているかどうか確認。
    • 64bitカーネルが動いていたら Linux も 64bit 版でOK。
    • 64bitカーネルが動いていなかったら諦めて 32bit 版を使う。ただし,
      $ ioreg -l -p IODeviceTree | grep firmware-abi

      の結果

      | |   "firmware-abi" = <"EFI64">

      と表示されたら,EFI(Macのブートシステム)は64bit対応なので頑張れば64bit版をインストールできる(方法はgoogle先生に聞いてください)。 西井のMad mini (2007 Mid)のように,CPUがCore 2 DuoなのにEFIが32bit版の時も ここここここここ を見て頑張れば 64bit版Linuxをイントールできるようですが少々面倒そうなので試してません。

インストール

  1. Mac OS Xのディスクユーティリティで,Mac OS のパーティションサイズを小さくして, Linux用の空きスペースを作る。40GBくらい確保した。
  2. Vine Linux の インストール用CD-ROMを入れてOPTキーを押しながら再起動。CD-ROMブートを選択したら GUI インストーラが立ち上がったのでそのままインスール。
    • 重要: Linux パーティションは ext3 を選択する。 ext4にしたらブートしなかった。
    • grubがインストールされるが,これは起動には使わない。
  3. 再起動して Mac OS を起動し,rEFIndをインストール。ダウンロード・展開して以下を実行する。
    $ ./refined-installer

    /Volumes/ESP/EFIにインストールされた。

  4. どこかの Linux マシンで grub-2.0をbuild。 まず,以下を実行。
    $ ./configure --with-platform=efi --target=x86_64 --program-prefix=""

    po関連のエラーで止まったけど気にせずに,さらにgrub-coreのbuildとインストール。

    $ cd grub-core
    $ ../grub-mkimage -O x86_64-efi -d . -o grub.efi -p "" part_gpt part_msdos ntfs ntfscomp hfsplus fat ext2 normal chain boot configfile linux multiboot

    このgrubをMacに持って行ってインストール。

    $ sudo mkdir -p /Volumes/ESP/EFI/grub/x86_64-efi
    $ sudo cp grub.efi /Volumes/ESP/EFI/grub/
    $ sudo cp *.mod, *.lst /Volumes/ESP/EFI/grub/x86_64-efi
  5. 再起動してペンギンマークを選択すれば Linux が起動するはず。

Next Post Previous Post

Blog Comments powered by Disqus.