科研費の書類をだしたのでMac OSをHigh Sierraにした。 毎年種類の〆切の直前にアップデートしてLaTeXが動かなくなって自爆状態になっていたが,今年は自宅のiMacのアップデートにいろいろトラブルがあったので,申請書提出までは我慢した。

High Sierra導入後にしたこと

homebrewのメンテナンス

$ brew doctor

を実行し,出てくる指示に従って,お掃除をした。

mactexの設定修正

毎度のことながらLaTeXが使えない。。。

macOS High Sierra + Texlive 2017 + ヒラギノフォントを見て以下の設定をした。

  1. フォントパス等の設定
    $ git clone https://github.com/texjporg/cjk-gs-support.git
    $ cd cjk-gs-support
    $ sudo ./cjk-gs-integrate.pl --link-texmf --fontdef-add=./cjk-gs-integrate-highsierra.dat
    $ sudo mktexlsr
  2. jfontmapsの設定
    $ git clone https://github.com/texjporg/jfontmaps.git
    $ cd jfontmaps

    Makefile.の1行目を以下に変更

    TEXMF = /usr/local/texlive/texmf-local.など

    以下を実行

    $ sudo make install
    $ cd script
    $ sudo mktexlsr
    $ sudo ./kanji-config-updmap-sys.sh hiragino-highsierra-pron
    $ sudo mktexlsr

ちなみに,いつもお世話になっている奥村先生のサイト情報によると,以下を実行すると良いらしいが,こちらは試していない。何か不具合があった時に実行する。

# ln -sf /System/Library/Fonts/ヒラ*ノ明朝\ ProN.ttc /usr/local/texlive/texmf-local/fonts/truetype/cjk-gs-integrate/HiraginoSerif.ttc
# ln -sf /System/Library/Fonts/ヒラ*ノ丸*\ ProN\ W4.ttc /usr/local/texlive/texmf-local/fonts/truetype/cjk-gs-integrate/HiraginoSansR-W4.ttc
# mktexlsr

Next Post Previous Post

Blog Comments powered by Disqus.