JSAI

人工知能学会の大会が2012年に山口で開催されたときに運営のお手伝いをしたのがきっかけで,人工知能学会に時々行くようになった。山口大会の開催日は6/12-15だったので,今思えば,ディープラーニングの起爆剤の一つになったGoogleによる猫画像自動認識のニュース(2012/6/26)が世に出るほんの10日くらい前。この時の大会ではディープラーニングに関する話題は多分無かったのではないかと思う。

当時でも活気のある学会だったが,その6年後の今回の大会では参加者数は約2.5倍の2500名強(過去最多),ディープラーニング関連のいろいろなチュートリアルやセッションが企画されて隔世の感を感じてしまう。 企業ブースにはIntel, NVIDIA, IBM, Microsoft, Amazonなどなど数十社がブースを並べて虎視眈々と生きの良い学生を狙っていて(ちょっと言いすぎか?),時代の潮流にのってる感が半端ない。

もっとも,華々しい応用事例だけではなく,生物が知能が獲得したメカニズムを問うような基礎的だけど(だからこそ?)大変刺激的な研究発表も多く,夜には温泉にも行けて大変満足です。 On-sen

Next Post Previous Post