はじめに

注) この文書はDiazo: Introductionをgoogle 翻訳にかけた後,フォーマットなどを少し修正したものです。少し訳を修正した部分もありますが,google 翻訳そのままの部分がほとんどです。

Diazoを使用して、動的ウェブサイトに対して次のようにテーマを適用することができます:

  1. 置き換える必要のあるテーマファイル内の位置(プレースホルダ)を,例えば、HTMLのid属性で指定します。
  2. Webサイト上の対応する動的コンテンツに,ラベル(マークアップ)をつけます。 次に、テーマファイルの静的プレースホルダーの中身を,動的コンテンツに置き換えるために,Diazoのreplacecopyのルールを作成します。
  3. テーマファイルに取り込むコンテンツを表示するフォーマットを指定します。具体的には,利用するCSSやJavaScriptを<head />で指定します。その指定には,Diazoのappendprependルールを書きます。
  4. 不必要なテーマや動的なウェブサイトの部分を削除するため場合には,Diazoのdropルールを書きます。

rulesファイルは、単純なXML構文を使用して記述されています。 CSS3またはXPathセレクタを使用して、テーマ内の要素と「コンテンツ」(動的Webサイト)を識別できます。

テーマHTMLファイルとルールXMLファイルを作成したら、Diazoコンパイラを使用してこれらを単一のXSLTファイルにコンパイルします。 その後、アプリケーションを使って,このXSLTファイル表示します。 XSLTプロセッサ(Apacheのmod_transformなど)は、Webサイトの動的コンテンツを、エンドユーザが見るテーマのコンテンツに変換します。 変換は各要求に対して即座に行われます。

この際

このガイドの後半では、Diazoを導入する方法を説明します。

Diazo concept