ブランチ

リポジトリをダウンロード(git clone)し,一時的に自分なりのカスタマイズをしたり,開発用のテスト版を作りたいときには,派生バージョン(branch)を作って管理できる。

派生バージョン(branch)の作成

  1. git cloneでリポジトリのダウンロード
  2. ブランチを作る。例えば,branch名を test にする場合は以下の通り。
    $ git checkout -b test

どのbranchを編集するか変更

リポジトリ内で,複数のbranchの編集が可能。その切替は以下のコマンドで

  1. 現在,どのbranchを編集可能か確認
    $ git branch

    サーバ上のブランチもすべて見たいときには-aをつける

  2. test branchを編集したいときには
    $ git checkout test
  3. 作業branchが変わったことを確認
    $ git branch

branchを,もとのバージョンに反映したい時

作ったtestブランチを,サーバ上にも反映する。

$ git push -u origin test

-uは新規ブランチを始めてサーバにアップロードする時につける。2回目以降は省略可