リモートリポジトリのダウンロード

誰かが作ったリポジトリをダウンロードして使うには以下のようにする。

1. リポジトリのダウンロード

GitHubにあるリモートリポジトリをhttps接続でダウンロードする場合は以下のコマンドで。(ただし,GitHub上のリポジトリ設定で若干異なる場合もある)

$ git clone https://github.com/someone/somerepo.git

上記URLのsomeone, someprepoの部分はダウンロードしたいリポジトリによって変わる。 例えば,私が作っているC/C++用グラフィックライブラリなら以下のようにダウンロードする。

$ git clone https://github.com/jnishii/jgr.git

ただし,private repository(一般には非公開のリポジトリ)の場合には,以下のようにGitHubのアカウント情報を加える。

$ git clone https://<username>:<password>@github.com/someone/somerepo.git

2. 最新情報のダウンロード/更新ファイルのアップロード

ダウンロードしたファイルをいじるときには,まず,Gitサーバから最新バージョンをダウンロードしてから開始。

$ git pull origin master  

これはサーバ(origin)から,masterブランチ(ブランチは後述)をダウンロードするという意味。

ファイルを更新したら,gitサーバ(origin)にアップロードする。

$ git add <更新したファイル名>
$ git commit -m “修正点を少し書く”            <=ローカルリポジトリ(手元)に登録
$ git push origin master                               <=リモートリポジトリに反映  

とりあえず,これで最低限のファイル共有/共同編集はできる。 git addは,更新したファイルのうち,リモートリポジトリに反映したいファイルを指定(stagingとよぶ。これにより対象ファイルはstaging areaに移動)する。指定方法は以下のようにいろいろある。

関連コマンド: