リポジトリ登録の方法

自分の作ったソースコードをリポジトリ登録して,Git/GitHubで管理する方法

1. プロジェクトをローカルリポジトリに登録

管理したいソースプログラム群があるディレクトリに移動して,バージョン管理のための初期化をする。

$ cd <target directory>
$ git init

これで,バージョン情報を格納する .git/ が作られる。

2. バージョン管理するファイル/ディレクトリを登録

バージョン管理したいファイル/ディレクトリ名を指定する。

$ git add .            # 現在のディレクトリにある全てのファイル/ディレクトリを登録
$ git add figures/     # ディレクトリ figures/ 以下のファイルを登録
$ git add *.tex        # すべての .tex ファイルを登録

3. ファイルの内容を初期登録

$ git commit -m "はじめてのgit"`

-mは1行コメントをつけるオプション。初期化のときに限らず,新く作ったファイルを登録するときには,git addgit commitを随時実行。ここまではローカルリポジトリ(ローカルマシン上のリポジトリ)のみの設定。

4. Gitサーバに登録する

インターネット上のどこからでも最新ファイルを入手できるようにするには,Gitサーバにリポジトリを登録する。

  1. git サーバ上に新規リポジトリを作る(GitHubやBitbucketの各webページ上で作る)
  2. ローカルリポジトリ(要はgit管理したいプログラム群のあるディレクトリ)をgitサーバ(公開リポジトリ)に登録する。以下はGitHubに登録する例

    $ cd <directory> <= 登録したいファイル群のあるディレクトリ
    $ git remote add origin https://github.com/someone/someprepo.git

    これで,サーバにファイル置き場(リポジトリ)が作られる。origin と記載している部分は,このリポジトリ(git@github….git)に対する短縮名。オリジナルなソースコードを登録するときには origin とする事が多いが,別に他の名前にしても良い。someone/somerepoの部分は,GitHub上に作ったリポジトリの名前に従って設定する。

    非公開リポジトリ(private repository)に登録する場合は,以下のようにGitHubの認証情報を加える。

    $ git remote add origin https://<username>:<password>@github.com/someone/somerepo.git

    ただ,パスワード情報等を平文打ちして保存するのはセキュリティ上よろしくはないので,ssh keyをGitHubに登録しておいて,ssh通信にするほうが無難。

    $ git remote add origin git@github.com:someone/somerepo.git
  3. 登録情報を確認

    $ git remote -v

    登録情報を間違えていたら,以下のコマンドで一旦削除して再登録する

    $ git remote rm origin
  4. リモートリポジトリにファイルをアップロード

    $ git push -u origin master  

使う!

以下のgitコマンドは,ローカルリポジトリ(手元のディレクトリ)内のみの変更。サーバへの更新やサーバからのダウンロードのため,毎日の更新前にはgit pull, 更新後にはgit pullを使うこと。