Homebrew

以前はMacのパッケージ管理にMacPortsを使っていたけど,homebrewの方がインストールサイズが小さくてすむので,こちらに乗り換えた。 以下はインストールメモ。

HomeBrewのインストール方法

  1. MacPortsから移行する時: MacPortsから移行する場合はMacPortsをアンインストールしておく。方法はこちら

  2. Xcode のインストール: Xcodeのコマンドラインもインストールしておく。

  3. brewコマンドのインストール

    $ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
    $ brew doctor

    brew doctorの実行後にエラーが出たら,問題を解決しておく。解決方法は大抵エラーメッセージに書いてある。

  4. brew cask 実行時のインストールディレクトリの設定

    • homebrew-cask (後述)でインストールしたアプリはデフォルトでは~/Applicationにインストールされる。以下の1, 2行目はこれを/Applicationに変更する設定.
    $ echo "export HOMEBREW_CASK_OPTS=\"--appdir=/Applications\"" >> ~/.bash_profile

新規にいろいろインストール

適当に必要なソフトを見繕ってインストール。

$ brew install --japanese --cocoa --with-gnutls -v emacs
$ brew install lv gnupg nkf rmtrash
$ brew install pandoc markdown

homebrew-caskを使えるようにする

dmgパッケージとして配布されているものも,homebrew-caskを使うとbrewでインストール・管理できるものが多い。 homebrew-caskでインストールするとbrew updateでまとめて更新できるようになるので便利。

準備

$ brew tap caskroom/cask

いろいろインストール

$ brew cask install xquartz     # R, grace, その他いくつかのアプリで必要
$ brew cask install atom sshfs
$ brew cask install google-japanese-ime # google日本語入力
$ brew tap homebrew/x11 # graceのインストールのため
$ brew install grace
$ brew tap homebrew/dupes # phpで必要なzlibインストールのため
$ brew install php70 --with-apache

Rのインストール

R は homebrew/scienceあるものと,homebrew/caskにあるものがある。 後者をインストールすると,/usr/local/lib/以下にtcl/tk 関連のライブラリがインストールされ,これを消去するようにとhomebrew doctorがエラーを出す。実際に消すと,Rの実行に困る場合がある。 前者をインストールするとこの問題は無くなるが,gccやら何やら,わさわさとインストールしないといけなくなる(mpfr, libmpc, isl, gcc, gettext, pcre, pixman, libffi, glib, cairoがインストールされた...)。ここでは前者の方でインストールする。

$ brew tap homebrew/science # r はここにある
$ brew install r   # R言語
$ brew cask install rstudio   # RStudio
$ brew cask install qlmarkdown  # .md のQuickLookプレビュー

Sublime Text 3のインストール

$ brew tap caskroom/homebrew-versions # for Sublime Text 3
$ brew cask install sublime-text-dev

gnuplotのインストール

gnuplot のインストールは brew cask で xquartz をインストールした後にする。

$ brew cask install aquaterm
$ brew install gnuplot --with-x11 --with-aquaterm

mackup

mackupは各種設定ファイルをDropbox経由で同期する設定をするツール。

$ brew install mackup
$ mackup backup  <= macup新規導入時
$ mackup restore <= macupを他のマシンで利用開始時(既にあるmackupファイルを利用)

同期したいものを追加したい時には~/.mackup/<name>.cfgを追加。

LaTeXのインストールと設定

  1. インストール
    $ brew cask install mactex

    パスの設定(terminal上で実行かつ,~/.bash_profile 等で設定)

    $ export PATH=/usr/local/texlive/2016/bin/x86_64-darwin/:$PATH

    TeXまわりのアップデート

    $ sudo tlmgr update --self --all
  2. 設定(Sierra/El Capitanの場合)

    $ cd /usr/local/texlive/2016/texmf-dist/scripts/cjk-gs-integrate
    $ sudo perl cjk-gs-integrate.pl --link-texmf --force
    $ sudo mktexlsr
    $ sudo updmap-sys --setoption kanjiEmbed hiragino-elcapitan-pron  <= ヒラギノのProN/StdNを使う

    Nシリーズでないヒラギノ(Pro/Std)を使うこともできるが,ヒラギノフォントの販売元によるとEl Capitan搭載のヒラギノフォント(Pro/Std)には互換性のための深刻な問題があるので使用はしないようにとのこと。

  3. 設定(Yosemiteの場合)
    $ sudo tlmgr install collection-langjapanese collection-latexrecommended collection-fontsrecommended

    以下の sethiraginofont.sh を実行してヒラギノフォントを使えるようにする。

    $ cat sethiraginofont.sh
    #!/bin/sh
    mkdir -p /usr/local/texlive/texmf-local/fonts/opentype/hiragino/
    cd /usr/local/texlive/texmf-local/fonts/opentype/hiragino/
    ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 Pro W3.otf" ./HiraMinPro-W3.otf
    ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ明朝 Pro W6.otf" ./HiraMinPro-W6.otf
    ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ丸ゴ Pro W4.otf" ./HiraMaruPro-W4.otf
    ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Pro W3.otf" ./HiraKakuPro-W3.otf
    ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Pro W6.otf" ./HiraKakuPro-W6.otf
    ln -fs "/Library/Fonts/ヒラギノ角ゴ Std W8.otf" ./HiraKakuStd-W8.otf
    mktexlsr
    updmap-sys --setoption kanjiEmbed hiragino
    $ ./sethiraginofont.sh

参考リンク

homebrewのコマンド

その他いろいろ

以下を実行すると,インストールされているファイル一覧(Brewfile)ができる。

$ brew bundle dump

これを新規マシンに持って行って以下を実行すると同じパッケージをインストールできる。

$ brew bundle

困ったときのメモ

参考リンク