Pythonのインストール

pyenv/anaconda を使って Mac上に python 環境を作る方法です。

準備: pyenv のインストール

  1. pyenvのインストール

    $ brew install pyenv
  2. pyenvの環境設定:
    • pyenv 環境は,デフォルトでは~/.pyenv/shimsに(つまり,自分のホーム内に)インストールされる。 代わりに,homebrew のディレクトリツリー(/usr/local/以下,つまり自分のホーム外)にインストールしたい時は,以下を~/.bash_profileに追加する。(よくわかないヒトは設定不要)
      export PYENV_ROOT=/usr/local/var/pyenv
  3. パス設定: shimsにパスを通して,コマンド補完もできように以下を~/.bash_profileに追加する。
    if which pyenv > /dev/null; then eval "$(pyenv init -)"; fi

    ~/.bash_profileの読み込みをお忘れなく。

    $ . ~/.bash_profile

Anacondaをインストール

  1. インストール可能なanacondaのバージョンチェック

    $ pyenv install -l | grep anaconda

    インストールできるバージョンがずらずら出てくるので,どれにするか選ぶ (希望がなければとりあえず最新で)

  2. anaconda のインストール 以下のようにanacondaの複数のバージョンをインストールして,必要に応じて切り替えても良い。ただし, pythonのバージョンを切り替えたいだけなら,後述のようにanaconda上に複数の環境構築をすることが多い。
    $ pyenv install anaconda3-2.5.0 # anaconda3-2.5.0 の python  は version 3.5.1
    $ pyenv install anaconda3-4.4.0 # anaconda3-4.4.0 の python  は version 3.6.1
    $ pyenv rehash
    $ pyenv global anaconda3-4.4.0  # デフォルトのanaconda3を選択
    $ conda update conda                    # パッケージのアップデート

pythonのモジュールは一般にpipコマンドで管理するが,anaconda 環境の python モジュールはcondaで管理する。(conda の使い方 は下の方にメモ書きあり。)

  1. 無事インストールできたかを確認する
    $ pyenv versions
    system
    * anaconda3-2.5.0 (set by /usr/local/var/pyenv/version)
    anaconda3-4.4.0
    $ which python
    /Users/jun/.pyenv/shims/python
    $ python --version
    Python 3.6.1 :: Anaconda 4.4.0 (x86_64)

anaconda 上でpythonの複数バージョンを管理する方法

conda の使い方

conda は anaconda に入っている python のモジュールを管理するツール。

各種モジュールのインストール

$ conda install -menpo opencv  # <= opencv  (画像処理用モジュール)
$ conda install chainer        # <= chainer (Deep learning用モジュール)
$ conda install chainercv      # <= chainer (Chainerによる画像処理モジュール)

とりあえず使う

pythonを起動して使う方法はいろいろありますが。。。