MacPorts

MacPortsってのはMac上でフリーソフトのインストール・管理をするシステムです。 私はだいぶん前にMacPortsはやめてhomebrewにしましたが,一応こちらも紹介。

準備

  • パス設定をしておく。(~/.bashrc に以下を追加)

    export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
    export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH
    

    ``

インストールメモ

必要なものだけインストールすりゃいいんだけど,こんな具合にという例。

$ sudo port install lv +lesslikeslash
$ sudo port install gnuplot
$ sudo port install grace
$ sudo port install nkf

使い方メモ

情報取得・検索

  • portコマンドの更新

    $ port - d selfupdate
    
    
    
  • 情報更新

    $ port - d sync
    
    
    
  • キーワードによるパッケージ検索

    $ port search <key>
    
    
    
  • パッケージ情報

    $ port info <package>
    
    
    
  • variants (コンバイルオプション)を知る

    $ port variants <package>
    
    
    
  • インストールできるパッケージ一覧

    $ port list
    
    
    
  • インストール済み一覧

    $ port installed
    
    
    
  • インストールしたパッケージのファイル一覧

    $ port contents <package>
    
    
    
  • インストールされてるファイルを提供するパッケージ名を表示

    $ port provides <file name>
    e.g)
    $ port provides /opt/local/etc/irssi.conf
    $ port provides include/tiff.h
    
    
    
  • ports の依存関係を知る

    $ port deps <package>
    
    
    

インストールと更新

  • インストール

    $ port install <package> +<variants>
    
    
    
  • アップグレード

    $ port upgrade <package>
    

    ``

  • アップグレード可能なソフトウェアの表示

    $ port outdated
    
    
    
  • インストールされているものを一括アップグレード

    $ port upgrade installed
    

    ``

  • 古くなった ports を全てアップグレード(結局上と同じことをする)

    $ port upgrade outdated
    

    ``

(コンパイラの出力を表示させたい場合には、上記コマンドで “port” に続けて、- v フラグを追加)

  • ソースに直接手を入れた状態でPortをインストール

    $ sudo port patch TARGET_PORT
    

    ``

を行うと、

/opt/local/var/macports/sources/rsync.macports.org/release/ports/CATEGORY/TARGET_PORT/work/

以下にソースが展開され、標準のパッチがあればそれらが適用された状態で停止します。これに手動でソースツリーに変更を加えて、

$ sudo port install TARGET_PORT

を実行するとインストールまで自動で進みます。パッチを作ってPortsファイルを書くまでもないケースに使えます。(情報源)

複数のバージョンの使い分け

  • 一時無効に(他のvariantを試すときなど)

    $ port deactivate <package>
    

    ``

  • 無効解除

    $ port activate <package>
    

    ``

削除

  • 中間ファイルを削除

    $ port clean
    

    ``

  • パッケージ削除

    $ port uninstall <package> (@version)
    $ port - f uninstall inactive    	# inactiveなのは依存性を無視して削除
    

    ``

MacPortsのアンインストールの仕方

  1. macportsを消す

    $ port installed > port-installed	# 一応なにがインストールされていたかメモ
    $ sudo port -fp uninstall --follow-dependents installed
    

    ``

  2. 以下を消去

    /opt/local
    /Library/TeX
    find /Library |grep Port で引っかかるもの(要確認)
    find /Application |grep port で引っかかるもの(要確認)
    ~/.macrpots
    

    ``