利他行動の進化

利他行動の進化

ダーウィンの進化論によると,他個体よりもより多くの餌を取り,より多くの子孫を残すことができるような生物が,その環境で生き残ることになります。 しかし,このように考えると他個体に利益を与えるような利他行動の存在の説明が難しくなり,この点についての議論はダーウィン以降,現在も続いています。 そこで,本研究室ではシミュレーション実験等によって,利他行動が生存に有利になるのはどのようなときかを検討しています。