コツを発見する神経回路網モデル

学習モデル・チーム

コツを発見する神経回路網モデル

学習モデル・チーム

重要な情報を抽出し,冗長な身体自由度を活用した運動を行う学習理論

現在,莫大なデータから目的に応じた意味のある情報を取り出すデータサイエンスの研究が世界中で活発に行われています。 脳も,全身にある莫大な数の感覚センサから送られてくる情報の中から重要な情報を時々刻々と判断し,全身の莫大な数の筋肉に対する適切な運動指令を送っています。 脳が情報処理プロセスを解明する理論的研究は,現在のデータサイエンスの発展に大きく貢献してきました。 本研究室では,脳が重要な情報を発見し,全身運動を実現するための学習プロセスに着目した理論的な学習モデルの構築を行っています。